歯科医院は女性の職場であり縦社会であることが多い

この記事をシェアする

清潔、不潔の考え方がはっきりしている

医師や看護師の方は、専門的知識を学校で身につけ実習も受けてきた上で働き始めるので、それほど違和感はないかもしれませんが、歯科助手の場合は殆どが未経験で専門学校を出ていない方も多いので、働き始めは少々違和感を感じられることもあるかもしれません。
その違和感とは、清潔と不潔に関する常識の違いです。これは清潔なもの、これは不潔なもの、という区切りが非常にはっきりとしていると言えます。
清潔なものとは、滅菌された治療器具、消毒が終わった歯ブラシやその他の滅菌にかけられない歯科用具のことを指し、不潔なものとは使用済みの治療器具のことを指します。
特に滅菌されたものに関しては、少し外の空気に触れただけでも滅菌し直すほどの徹底ぶりです。
歯科医院は口腔内という、感染率の高い場所を治療するところなので、それくらいは当然のことなのですが、その徹底ぶりに最初は戸惑うこともあるかもしれません。

医療現場であることを忘れずに

歯科助手という仕事は、未経験で資格がなくても働けるので、最初は医療現場の厳しさを目の当たりにして、辛く感じることもあるかもしれません。
医療行為を直接行うことはありませんが、歯科医師の治療がスムーズに進むようにするために、様々な気配りが必要な仕事です。
また、歯科助手は患者さんに一番近い存在なので、歯科医師には言えない不安な思いなどを訴えられることが多いと言えます。
そういった患者さんの不安を歯科医師や歯科衛生士に伝えることも歯科助手としての大切な役割です。そうすることで、治療をスムーズに進めることが出来るので、患者さんに寄り添っていく姿勢がとても重要です。
時には理不尽な思いもするかもしれませんが、医療現場にいるという自覚を持ち、日々勉強するという意識で仕事に臨むことが理想の歯科助手になれる基本だと思います。