歯科助手になるのに特別な資格は必要ないが知識は必要

歯科助手になるのに特別な資格は必要ありません。 しかし、歯科医院では口腔内に関する医療行為が行われており、その助手を務めるからにはそれなりの歯科に関する知識が必要とされます。 直接医療行為はしませんが、知識があるのとないのとでは、診療補助の質も違ってくるのです。

未経験で歯科助手になるなら通信教育は必須要件

歯科助手になるのには、歯科衛生士のように国家資格は必要ありません。
未経験から雇ってもらえるところが多いので、興味があればとりあえず働いてみるというのが一番の近道です。
しかし、歯科に関する知識が全くない状態で出来るほど甘い職業でもない、というのが実態でもあります。
そして出来るだけ若いうちから働くほうが良いと思います。
というのも、歯科助手という仕事はとにかく覚えることが多く、学校で学べるというわけでもありませんので、見て覚えることが多いのです。ブランクがある方ならともかくとして、普通のパートやアルバイト感覚では出来ないことがほとんどだと思います。
歯科助手という仕事は、先を読んで行動することが一番の基本です。それは医療に携わる仕事であれば当然のことであり、医療に携わる仕事でなくてもどのような仕事においても必要な要素ではあります。
歯科助手の仕事は、歯科医師や歯科衛生士がスムーズに仕事が出来るようにサポートすることが一番大事な仕事になります。そして歯科助手の失敗は、そのまま歯科医師や歯科衛生士の責任となるのです。
それは資格があるかないかの違いであり責任の違いであると言えます。
歯科助手は、資格がなくても医療行為に携われる数少ない仕事です。人の体に触れるということの重大さを感じ、歯科に関する知識を歯科医師や歯科衛生士から学んでいく姿勢が大切なのです。
自分が責任を負えるわけではない、ということの重大さを肝に命じて、日々の業務をこなしていくことが出来る人なら、歯科助手としてとても優秀な仕事が出来るようになるでしょう。

本の知識だけでは通用しないのが歯科助手という仕事

通信教育で得た歯科知識は、歯科助手として歯科医院で仕事を始めるのに非常に役に立ちますが、本で得た知識は、実践を積んでいかないと身につけることは難しいと思います。 消毒と滅菌に対する考え方はどこも同じですが、歯科医院によってその方法は違うところもあるので、目で見てしっかりと覚えていくことが重要です。

歯科医院は女性の職場であり縦社会であることが多い

歯科医院に行かれたことがある方であれば、歯科医院で働いているスタッフの殆どが女性であることに気がつくと思います。 歯科医院の中で男性スタッフは主に歯科医師です。ただ、歯科医院のスタッフで多いのは、歯科助手と歯科衛生士であるので、女性のほうがどうしても多くなるのです。